夏に出てくる赤いぶつぶつを予防するために。

顔に赤いぶつぶつが出るとそれだけで自分に自信を持てなくなってしまいます。
特に夏場の暑い時期は赤いぶつぶつが出来やすい時期ともいえます。

 

紫外線はシミの原因だけではない!?

 

 

夏場はほかの季節に比べても特に日差しが強くそれに伴って紫外線も強く降り注いでいます。
一見赤いぶつぶつとは関係なさそうな紫外線も実は原因となることもあります。

 

 

日焼けをした後ってお肌がつっぱりますが、これはお肌の水分が逃げてバリア機能も弱まっている状態です。そういった状態ですといつもは何ともない化粧水がしみたりと刺激を感じやすくなっています。刺激を感じた場合に起こるのがお肌の炎症で、これが赤いぶつぶつとなって表面に出てきます。

 

汗をかいたら清潔にする!

 

汗をかいてそのままの状態にしておくのもお肌にとっては良くありません。
汗をかいたらなるべく放置する時間を短くすることが重要です。紫外線を受けて乾燥状態の肌は汗でかぶれることも多くあります。

 

 

ただしその際に洗顔をごしごしと何度も繰り返したりすることは逆にお肌にダメージを与えてしまいます。またふき取る際もタオルが粗い素材のものですと洗顔の手による摩擦にさらにタオルの摩擦でWパンチです。洗顔をする際はやさしく、タオルは柔らかいものを使いましょう。