赤いぶつぶつを悪化させないための洗顔方法とは??

顔に赤いぶつぶつがいくつも出来てきた。ニキビがなかなか治らない。そういった悩みをもった方は毎日に洗顔でお肌を知らず知らずのうちにいじめているのかもしれません。メイクをする女性にとって洗顔・クレンジングは毎日の日課です。毎日行うことだからこそ正しい洗顔方法を心がけなくてはなりませんよね。

手のひらでごしごし擦り過ぎない

小さい頃からの洗顔の癖で無意識的にごしごしと擦って洗顔をする方が多くいます。
私も実はそうなのですが、意識していないとやさしく洗顔できないタイプです。

 

洗顔料の性状に気をつける

これはごしごしこすり過ぎないような洗顔をするためにもとても大切なことです。
洗顔料の泡立ちが悪い場合、どうしても手のひらとお肌が接触する面積と当たる力が強くなります。逆に泡立ちが良いものほど手のひらを直接触れずに泡で洗うことができるので、お肌にはとても優しい当たりとなります。

 

またジェルタイプやリキッドタイプの洗顔クレンジング剤は汚れやメイクを落とす力は強いのですが、それと同時にお肌の皮脂も落としてしまいます。洗顔後にぴんぴんにつっぱるのは良くありません。

 

基本的なことではありますが、意外と上の2点を気をつけるだけでもなかなか治りづらかったニキビが治ったり、お肌の乾燥が少し良くなったりもします。

洗顔石鹸を変えてみたら??というアドバイスを信じて・・。

 

 

ちょうど友達に同じように洗顔料でかぶれた人がいたので、「洗顔料を変えてみたら・・・。」「石鹸が良いよ・・。」というありがたいアドバイスを頂戴し、すぐに変えてみました。その友達が使っていたのは「のんのか」という固形石鹸でした。全然聞いたことのない石鹸だったのですが、友達曰く「肌が落ち着く!」そうです。

 

合成界面活性剤が入っていないタイプの石鹸

 

最近の洗顔料は汚れをさっぱりと落とすために合成の界面活性剤を多く使っているものもあります。
もちろんすべての人が界面活性剤でかぶれるわけではないのでこれが一番の元凶とは言い切れません。ただぶつぶつが出来てしまっていたり、もともと肌のバリア機能が低くなっている人にとっては比較的刺激のある成分です。

 

洗顔をしないことがお肌を安定させる??

 

そういう事を考えるとそういった成分が入っている洗顔料で洗顔をしないことが、
まずはお肌の状態を安定させるために必要です。ただどうしても洗顔をしないことが
ストレスになるような人には昔ながらの固形の石鹸で合成界面活性剤の含まれていないもの
などを使う事もおススメできます。

 

≫合成界面活性剤が入っていない石鹸の人気商品

関連ページ

洗顔料のかぶれでありがちな3つの問題点って!?
洗顔料でかぶれてしまう原因で特に多い3つの原因を紹介しています。
お湯洗顔の効果って??
お肌がかぶれたりした時には、刺激の強い洗顔料ではなくてぬるま湯が良いとされています。そのお湯洗顔について紹介しています。
洗顔料が肌に合わない
今まで何も問題なく使っていた洗顔料や洗顔石鹸で肌に刺激を感じたという事は意外と多いものですが、ここではそんな洗顔料が肌に合わなくなってしまった原因について紹介しています。
洗顔でかぶれた時の対策として私がしたこと!
洗顔料が原因と思われる肌のかぶれを体験した時に試した対策を紹介しています。