顔の赤いぶつぶつの痒みに負けないための原因とそのヒケツとは!?

顔のぶつぶつが治らない!?原因は意外なところに隠れている??

 

 

お肌にできた赤いぶつぶつ・・・。
ニキビや吹き出物、化粧品・洗顔料の刺激などなどそのの原因は様々です。
ぶつぶつができていると見た目も気になりますが、何よりヒリヒリしたりかゆかったり辛いですよね。

 

しかもお肌が落ち着くまで1、2週間も化粧ができなくなると、気持ち的にもけっこうきついです。

 

ここではそんな赤いぶつぶつの中でも特に化粧品や洗顔料で急にできてしまったぶつぶつについて紹介しています。
ぶつぶつがまさにできてしまったり、ぶつぶつができないようにケアするために気を付けたいこと、対策など参考にしてみてください。

 

 

急に赤いぶつぶつができてしまう原因

 

化粧品かぶれ

 

顔のぶつぶつの原因の20%〜50%が化粧品によるものです。その中でも保湿剤や乳液、ローション、化粧水などの基礎化粧品が大きな割合を占めています。

 

 

 

 

 

洗顔料かぶれ

洗顔料の洗浄力が強く、本来必要な皮脂まで洗い落としてしまいその結果、お肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

洗顔はほぼ毎行うスキンケアになりますので、知らず知らずのうちにバリア機能が低下し、洗顔料自体の成分に刺激を受けてしまうこともあり、その結果ヒリヒリしたり赤みが出たりします。

 

 

 

 

※洗顔料にそういった影響を受けることで、基礎化粧品やそのほかの化粧品の刺激を受けやすい状態になっていることも考えられます。