顔の赤いぶつぶつの痒みに負けないための原因とそのヒケツとは!?

顔のぶつぶつが治らない?そもそもかぶれが起きる原因とは??

お肌にできた赤いぶつぶつ・・。新しく化粧品や洗顔料を変えてみたことで急に赤くなってしまったり・・いつも使っていてなんともなかったのにある日突然肌に異常が出てしまったり・・。

 

そんな経験を私もしたことがあります。

 

 

ぶつぶつができていると見た目も気になりますが、何よりヒリヒリしたりかゆかったり辛いですよね。

 

またお肌が落ち着くまで1、2週間も化粧ができなくなると、日常生活にかなり支障をきたすこともあります。

 

かぶれに関する悩み

 
・化粧品をつけたらかぶれた
・洗顔料で顔を洗ったら赤くかゆくなってしまった
・洗顔料か化粧品かどちらかはっきりしない
・かぶれてヒリヒリするので化粧ができず困っている
・ニキビや吹き出物がなかなか治らない

 

赤いぶつぶつやかぶれはお肌につける化粧品や洗顔料に問題がある場合と、身体の調子やホルモンバランスが関係することもあります。


かぶれが起こる原因って??

かぶれは誰にでも突然起こりうる可能性があります。かぶれる原因ってなんでしょうか?

 

 

体の内側に問題がある

 

 

 

身体とお肌はリンクしていますので、体調が良ければ、お肌も良い状態になります。以下のような状態ですと、お肌もカサカサしてきたり、その結果かぶれを起こしやすい状態になります。

 

・栄養バランスが悪い
・忙しくて疲れがたまっている
・ストレスを溜め込んでいる
・睡眠不足・睡眠の質が悪い など

 

栄養と体の休息をしっかりとること。これがお肌を健康な状態に保つための絶対条件であり、かぶれを起こしづらいお肌を作る秘訣です。

 

※しっかりスキンケアしているのになかなか肌の状態が良くならない・・といった方は普段の生活を見直してみることも必要です。
 

 

肌質の変化

 

 

 

年齢を重ねることで肌質も変化します。特に多いのは出産前後や、閉経後などに肌質が大きく変わるということです。これはホルモンバランスの変化が原因ですので、時期を見て今までの化粧品が本当に「今の肌に合っているのか?」と見つめ直すことが必要です。

 

 

 

化粧品や洗顔料の成分

 

 

 

今まで使っていたもので突然かぶれたと言う場合は、体調や肌質の変化と重なって起こることが多いようです。

 

また新しく切り替えた化粧品や洗顔料でかぶれてしまった場合は、今まで使っていた化粧品や洗顔料よりも刺激が強かった・・あるいは含まれているうちのどれかの成分にかぶれてしまったということが考えられます。

 

 

もちろんアトピーや食べ物などのアレルギー反応といったこともありますが、以上が一般的なかぶれの原因です。

化粧品や洗顔料でかぶれる原因

突然のかぶれで多いのがやはりお肌につけた何かが原因であることです。

 

ここでは「肌につけるもの」の洗顔料と化粧品でかぶれてしまう原因などについて紹介しています。

 

 

洗顔料かぶれの原因

 


【洗顔かぶれの原因】

 

・洗顔料を構成する成分のどれかが刺激となった
・洗顔料がすすぎ切れていなかった
・スクラブ入りのもので過度に肌を摩擦してしまった

 

 

 

といったことが多いようです。どの成分で刺激を受けたのか?を特定することは個人ではなかなか難しいので、その洗顔料が合わなかったと考える必要があります。

 

 

洗顔料の洗浄力が強く、本来必要な皮脂まで洗い落としてしまいその結果、お肌のバリア機能が低下してしまいます。 

 

 

洗顔はほぼ毎行うスキンケアになりますので、知らず知らずのうちにバリア機能が低下し、洗顔料自体の成分に刺激を受けてしまうこともあり、その結果ヒリヒリしたり赤みが出たりします。

 

》【体験談】洗顔かぶれを悪化させずに早く治す方法について!

 

 

 

化粧品かぶれの原因

【化粧品かぶれの原因】

 

・エタノールやアルコール
・界面活性剤・防腐剤・香料など
・その他様々な成分のどれかが肌に合わない

 

 

 

顔のぶつぶつの原因の20%〜50%が化粧品によるものです。その中でも保湿剤や乳液、ローション、化粧水などの基礎化粧品が大きな割合を占めています。

 

化粧品にはいろいろな化学成分が含まれています。そのため、どの成分が刺激担っているのか特定するのは自分自身ではなかなか難しいです。

 

≫【体験談】化粧かぶれ中のスキンケアと落ち着かせるために気を付けた事

かぶれを起こした後に必ず考えたいこと

かぶれを起こした後に考えたいことです。

 

 

 

普段から体調管理をしっかりする

 

忙しくて外食中心で栄養が偏っている・・ダイエットのために本来必要な栄養が不足している・・といったことが多いようです。そういった時には、手軽に取れるサプリメントや青汁、グリーンスムージーなどの栄養を補えるものを日々の食事に追加するだけでも健康維持効果は高いでしょう。

 

化粧品や洗顔料は本当に肌に合っているのか

 

化粧品も洗顔料もたくさんの化学成分が含まれています。すべての化学成分が悪いというわけではありませんし、化粧品メーカーさんでもかぶれなどが起きないように細心の注意を払って作られてます。

 

とはいうものの、やはり肌質の変化、その人の肌との相性に左右されます。一度かぶれを起こした人こそ、お肌に負担をかけず過不足のないスキンケアアイテムを取り入れる必要があります。

 

基礎化粧品と洗顔料は最も重要

 

お肌につける頻度が最も高いのが、基礎化粧品と洗顔料です。肌質の変化に伴って、基礎化粧品が知らず知らずのうちに肌に合わなくなっていた・・洗顔料の刺激を受けやすくなっていた・・。

 

そんなことにならないように、低刺激だけれど高保湿、オーガニック成分主体なのにしっかり潤う・・といったものが普段使いにはお勧めできます。

 

敏感肌向けなのに普通肌でもしっかり潤う基礎化粧品

ノブ3

 
皮膚科の多くの先生方もお勧めする高保湿成分セラミド配合の基礎化粧品。1988年からロングセラーながら最新の臨床皮膚医学を取り入れていることが信頼と安心のコスメです。

 

 

 

HANAオーガニック7日間トライアルセット


 MYLOHAS乳液部門大賞受賞、@コスメランキング1位の実績を持つ、
肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品『HANAオーガニック(HANA ORGANIC)』です。